市議時代の一般質問

市議時代の一般質問一覧

前期2年は総務企画委員会、後期には厚生文教委員会と議会運営委員会に所属しておりました。

2013年6月
質問1  ちゃんと開かれた学校づくりを実践しませんか
(1) 教育委員会の役割とあり方について質問します
(2)開かれた学校づくり”の取組みについて質問します

質問2  設計ミスの第3次行財政改革大綱を見直しませんか
(1) 実施目標の設定基準と設定プロセスを確認したい
(2) 現在の進捗状況とその分析、今後の見通しはどうか
(3)「市民協働」「公民連携」を大きなコンセプトにしていたはずだが、どう取り組んだのか
(4) 行政診断報告の「職員への意識共有が充分ではない指摘」についての見解を聴きたい
(5) 小学校給食調理業務民間委託の説明会での保護者の反応について

質問3  なぜ、「市長への手紙」は回答率が低いのか
(1)この施策の目的と内容、かけるコストと見合っているのかの検証はどうか
(2)調査結果をどう捉え市政に反映させるのか、今後のプロセスを具体的に聴きたい”
2013年6月議会白井質問 (クリックすると発言通告書が表示されます/以下同じ)

2013年9月
質問1  長期的視野で自治体経営を考え、いま子育て政策の充実を
(1)子ども子育て支援法への対応について
(2)待機児童対策について
(3)”孤育て”に陥っている母親の支援・予防について
(4)「学童保育の見直し」について
2013年9月議会白井質問

2013年12月
質問1  学童保育業務の「見直し」プロセスを見直してはどうか
(1)ビジョン、目的、手段の一貫性について
(2)都市型学童クラブ移行のメリット・デメリット及びその対策について
(3)合意形成のプロセスについて

質問2  どのように待機児童減少に主体的に取り組むのか
(1)待機児童188人の分析について
(2)保育所新設をジャッジするその条件・基準について

質問3  公共施設マネジメントの取り組みについて市民に周知と参加を
(1) これまでとこれからの市民への情報提供とコミュニケーションについて
(2)「基本方針」をつくる今の段階で市民から意見を聴取する場を設けてはどうか

質問4  市民が「担い手」にもなりうるオープンガバメントの環境整備を
(1)市としてオープンガバメントを進める上で想定される障壁について
2013年12月議会白井質問

2014年3月
質問1 待機児童対策、26・27年度が”不幸な世代”にならない為に
(1)認可保育所の入所申込と承諾または不承諾の判定について
(2)平成26年度に待機児童になった方々への緊急対策やサポートについて
(3)ニーズ調査を踏まえ、保育事業部分を前倒しで分析・計画設計しましょうよ

質問2 行政内部で保有する情報資産を「集約」し「利活用」すべき
(1)情報共有と活用が「充分されていない」という問題意識はあるのか
(2)行政保有情報を集約し分析する仕組みを作るべきではないか
(3)オープンデータを試験的にやってみましょうよ
2014年3月議会白井質問

2014年6月
質問1  誰のための南口第二地区の再開発事業なのか
(1)駅周辺の全体構想、事業計画素案について
(2)今回の都市計画変更の手続きプロセスは適切に行われているか
(3)都市計画マスタープラン、市民参加条例との整合性について

質問2  保育の「量」と「質」の両立の歌題について
(1)待機児童問題対策の進捗と、認可保育園増設の検討について
(2)公立保育園の民間委託に向けた取組の問題点について
(3)これからの保育行政のあり方と位置付け、覚悟について

質問3  シティプロモーションの意味とやるべきこととは
(1)シティプロモーションにあたってのプロモーション設計とマーケティングについて
(2)実行する上で最低限整えておくべきことは
2014年6月議会白井質問

2014年9月
質問1  「市民参加」の目指す姿と実態のギャップについて
(1)審議会の市民参加の現状について
(2)市民参加推進会議の役割と、市民参加条例の運用検証について
(3)「若者」「子ども」の市政参加の機会について

質問2  これからの子どもたちのための保育の話をしよう
(1)今年度の待機児童解消への対策の進捗と課題について
(2)27年度・28年度の保育ニーズのピークをどう乗り切るか

質問3  クリエイティブなまちづくりの推進を
(1)「クリエイティブ」分野をこれからの産業振興の重点においてはどうか
(2)アーティスト&クリエイターが地域で活躍する「場」を考えないか
2014年9月議会白井質問

2014年12月
質問1  なぜ、「協働」の仕組み作りが進まないのか
(1)そもそも小金井にとって、「協働」とはどういう位置づけだったのか
(2)答申実現に向けた検討状況とそこで見えた課題
(3)今の市の協働コーディネート&相談窓口とその機能について
(4)職員における協働意識の変化について

質問2  広報体制の整備と戦略的広報の必要性について
(1)市の広報体制とその戦略とは
(2)現状の”多摩地域で最も使いにくいホームページ”がもたらす悪影響とは
(3)戦略的広報で市内外に地域情報を流通させることが、定住化促進に繋がるのでは
2014年12月議会白井質問

2015年3月日曜議会
質問1  待機児童問題、”不幸な世代”への対応の「続き」について
(1)なぜ、新制度事業計画のパブコメにあたって説明会が開催されないのか
(2)保育コンシェルジェのこれまでと今後の役割について
(3)想定される待機児童への緊急措置はどう考えているか
2015年3月日曜議会白井質問

2015年6月
質問1  子育て世代が流入し続けるまちにするために
(1)今年度待機児童家庭への緊急アクションは
(2)待機児童収拾へ向けての市民への情報発信について
(3)転入時と転出時に窓口でのアンケートでデータを蓄積・分析してはどうか
(4)人口推計と実態のギャップへの対応と、今後のPDCAについて

質問2  転入者がスムーズに地域と繋がる仕組みづくりを
(1)現状の町会活動での課題の把握はどのようになっているのか
(2)転入の窓口受付で町会への加入促進をしてはどうか
(3)不動産仲介会社との連携で小金井市のプロモーションを

質問3  なぜ、決議を無視してまで東センターの委託を急ぐのか
(1)決議から契約までの一連のプロセスについて
(2)小金井市の公民館と図書館の将来ビジョンは
(3)8月に委託しなければならない合理的な理由は
2015年6月議会白井質問

2015年9月
質問1  なぜ、駅周辺はタバコのポイ捨てが後を絶たないのか
(1)現状起こっている問題とは
(2)「路上禁煙地区」の周知の現状とは
(3)市としての環境美化の取り組みについて

質問2  市の広報体制の強化について
(1)市のホームページリニューアルの進捗状況について
(2)プッシュ型の広報への取り組み(SNSを使った広報)の検討について
(3)広報戦略の策定と、体制整備について

質問3  映画やドラマのロケ誘致や実績を観光名所に
(1)市へのロケに関する問い合わせについて
(2)市の施設を使えるよう、協働の観点からも取り組んではどうか
(3)シティセールスの一環として、市内外のロケ実績地を観光名所にしないか
2015年9月議会白井質問

PAGE TOP