市の都合のよい解釈で文章はいくらでも作成でき、それが既成事実となる。「踏まえて」

1月14日の厚生文教委員会では、保育の「質」に関する質疑もやりました。例の市民に誤解を与えかねない「公立保育園の役割」についてです。 現在、保育計画の策定に向けて市民参加の議論が進んでいます…

続きはブログで→ 市の都合のよい解釈で文章はいくらでも作成でき、それが既成事実となる。「踏まえて」

関連記事一覧

最近の記事

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP